おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

「わかったつもり」から抜け出すためには…

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんは「わかったつもり」という状態を自分で感じたことはありますか?

 

僕はあります。

 

ある文章を読んで自分の中では理解していたつもりでも、質問されたときに回答に行き詰るような時に、「これってわかったつもりだったんだなあ」って感じることがあります。

 

そんな時、この本に出会いました。

 

今回は西林克彦さん「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」という本を紹介します。

 

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

 

目次

 

概要

この本は、ある物事に対してわからない部分はないが、十分に理解もできていない状態。「わかったつもり」という状態を乗り越えて、文章をよりよく読むにはどうすれば良いかを述べた本です。

 

わかるという状態、わからないという状態、よりわかるという状態とはどのような状態なのかを定義した後、

 

  • 「わかったつもり」とはどのような状態なのか
  • 「わかったつもり」にはどんな種類があるのか
  • どうすれば「わかったつもり」から脱却できるのか

 

を説明してくれています。

 

また、この本にはいくつかの例題が組み込まれています。例題に取り組みながら読み進めることによって、「わかったつもり」という状態を体験しながら原因、解決法を理解することができます。

 

 

読んだ感想

わかりやすい文章って実は危険

この本では、文章の全体の雰囲気魔物という言葉で形容しています。

 

文章の全体の雰囲気から、その雰囲気に合う意味を読み手が勝手に引き出してしまうことが、「わかったつもり」になる原因の一つだと述べているのです。

 

この部分を読んで、わかりやすい文章って実は危険なのかなと思いました。

 

「この文章わかりやすい!」と思う時って、多分その文章の内容がスムーズに理解できた時ですよね。

 

全てがそうとは言いませんが、この「スムーズに理解できた時」は「雰囲気に合う意味を勝手に引き出した時」である可能性を疑う必要があると感じました。

 

わかりやすい文章に当たった時こそ、本当に自分が理解しているかどうかを自問自答しながら、読み進めていこうと思います。

 

 

知識を深めることの大切さを再認識

この本では、文章をよりよく読む手法として、文章の部分から新しい意味を引き出したり、矛盾しないような意味の関連付けを推奨しています。

 

この部分を読んで、改めて知識を深めることの大切さに気づきました。

 

なぜなら、材料がないと料理が作れないように、基礎的な知識がないと文章から新しい意味も引き出すことができないと感じたからです。

 

また、文章の裏に隠された背景を読み解くためにも、その文章に関連する基礎知識が必要です。

 

文章を読むために勉強するのは少し変な感じがしますが、普段から知識を貪欲に吸収することによって、文章から得られる情報も格段に増えるはずです。

 

 

こんな人におすすめ

この本はこんな人におすすめです。

 

  • 「わかったつもり」がどのような状態か知りたい人
  • 読解力を上げたい人
  • 理解されやすい文章を書きたい人

 

読み方を知りたい人はもちろんですが、自分が考えていることをより正確に相手に届けたい人にもおすすめします。

 

この本には、文章の読み間違いの原因についても書かれているので、その原因を潰すような文章を書くことにも役立つはずです。

 

 

おわりに

今回は西林克彦さん「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」という本を紹介しました。

 

僕はこの本を読んで、「なんでこの文章ちゃんと理解できてないんだろう」という自分の中でモヤモヤしていた物がスッキリしました。

 

文章を良く読めるに越したことはないので、少しでも気になったら手に取ることをお勧めします。

 

ぜひ読んでみてください!

 

今回はこの辺で。ではでは。

 

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

 

 

良ければこちらもお読みください。

www.omochi-mochio.com

www.omochi-mochio.com