おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

小話:真夜中に悲しいお酒を飲んだ

どうもどうも。mochiです。

 

先週末、諸事情で実家に帰りました。

僕の家族は、僕と僕の父しかお酒を飲めないので、僕が実家に帰ると必ずと言って良いほど父にお酒を付き合えと言われます。

 

いつもは「まあ仕様がない、付き合ってやるか(フッ)」という感じで半分渋々、半分ノリノリで付き合います。しかし先週末は僕のお酒飲みたい欲が強かったので、100%ノリノリで付き合うつもりでした。

 

それなのに、そういう時に限ってお酒付き合えと言われませんでした。

 

「なんで?今日に限ってなんで?いつも無理やりこじつけて『○○を祝してカンパーイ』とかやるじゃん?なに何事も無かったかのようにお酒のない健康的な生活送ろうとしてるの?」

 

と思いながら、なぜか自分から「お酒飲まない?」とも言えず、結局実家でお酒を飲みませんでした。

 

 

翌日の午後、アパートに戻って家事などを済ませてから、少し読書をしブログ記事を書き終え、いつの間にか時刻は夜の11:30頃でした。

 

まだ晩御飯も食べてなかったし、お酒飲みたい欲も残っていたので、近所のコンビニで350mlのビールとハイボール1缶ずつとおつまみを買い、真夜中の一人晩酌パーティーを開きました。

 

 

不思議でしたね。一人でお酒飲むと酔いがまわりやすかったですね。

 

楽しかったですよ?楽しかったですけど、

 

寂しかったですよ?

f:id:omochi9426:20181127011134p:plain

 

こんな時間に、わざわざコンビニへ行き、一人でお酒を飲み、酔いがまわってたのし…

 

寂しかったですよ???

f:id:omochi9426:20181127011153p:plain

 

久しぶりに一人で飲んだお酒は、僕に酔いの楽しさと孤独を同時に感じさせました。

 

そして、大学卒業前に後輩を誘って飲み会開くことを心に誓う、そんな真夜中となりました。

 

 

今回はこの辺で。ではでは。

 

 

よければこちらもどうぞ。

www.omochi-mochio.com

 

www.omochi-mochio.com