おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

何もしたくない時にした方が良い5つの対処法

f:id:omochi9426:20181113223315j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

「しなきゃいけないことが溜まってるのに、やりたくない」

「自分なんてもうダメだから、もうやりたくない」

 

このように、仕事や勉強に取り組んでいて1度はぶつかる壁の中に、「何もしたくない状態に陥る」というものがあります。

 

そこで今回は、何もしたくない時にした方が良い対処法を紹介します。

 

無気力状態の方はこの記事を読んでやる気を取り戻しましょう!

 

 目次

 

何もしたくない時はどんな時?

何もしたくない時の対処法を考える前に、そもそも何もしたくない時とはどのような時かを考えてみましょう。

 

1. やるべきことが溜まっている時

まずは、やるべき事が溜まっているときです。

 

やるべきことを後回しにしたり、やるべきことがいきなり大量に降りかかってきた場合に、やるべきことが溜まりやすいです。

 

 

2. 自信を喪失している時

次に、自信を喪失しているときです。

 

失敗したり人に他人から小言を言われた時に自信を喪失してしまい、何もしたくないという状況に陥ってしまうことがあります。

 

 

 

何もしたくない時の原因は?

前章をもとにすると、何もしたくない時の原因はこのように考えられます。

 

  • 面倒くさいから後回しする
  • 何から手を付ければ良いかわからない
  • できなかったから、気力を喪失してしまった

 

このように、私たちはやるべきことが不明確、困難な場合だと何もしたくないと感じます。

 

確かにこれは当たり前ですよね。

「困難に立ち向かいたい!」というような人であれば逆に燃えるかもしれませんが、やるべきことが不明確である場合は、どんな人でもやる気を損ないそうです。

 

ここで逆の視点から考えてみましょう。

 

やるべきことが不明確、困難な場合何もしたくないのであれば、やるべきことが明確で簡単であれば私たちはやることができるということです。

 

つまり、何もしたくない時はやるべきことを明確化、簡潔化することで対処できます。

 

次の章からは何もしたくない時の対処法について、具体的に話します。

 

 

何もしたくない時の対処法

1. やるべきことを書き出す

まず、やるべきことをすべて書き出してみましょう。

 

こうすることによって、やるべきことを視覚的に見ることができます。

 

やるべきことを視覚的に見ることで、今自分がどのようなことをどれぐらいすれば良いかが、大まかに把握することができます。

 

 

2. やるべきことを細分化する

次に、書き出したことを細分化します。

 

例えば、やるべきことが「レポートを書く」であればこのように細分化できるはずです。

 

  • レポートで書くテーマを考える
  • 構成を考える
  • 段落ごとに何を書くか考える
  • 参考文献をさがす
  • 文章を書く

 

「レポートを書く」よりも「レポートで書くテーマを考える」の方が、イメージしやすいですよね?

 

このようにやるべきことを細分化することによって、具体的に何をすれば良いかが明確になります。

 

また、皆さんは「レポートを書く」と「レポートで書くテーマを考える」のどちらの方が簡単そうだと思いますか?

 

多くの人が「レポートで書くテーマを考える」の方が簡単だと思うでしょう。

 

このように、やるべきことが簡単に見えるというのも、やるべきことを細分化することのメリットです。

 

 

3. やるべきことに優先順位をつける

次に、やるべきことに優先順位をつけましょう。

 

優先順位をつけることで、何をすればよいか迷うことがなくなります。

 

迷いがなくなるということは迷う時間が減るということなので、作業の時短にもつながります。

 

 

4. 自分にご褒美を設ける

前まで紹介した方法で作業を明確化、効率化できたからと言っても、モチベーションが上がらなければ作業は捗りません。

 

自分自身へのご褒美が嬉しいものであればあるほど、作業に対するモチベーションも上がるので、自分自身にピッタリなご褒美を考えてから作業しましょう。

 

ご褒美を設けるときは、必ず「○○までやったらご褒美」というようなラインを決めましょう。そうしないと、作業に飽きたらご褒美に食いつくという事態に陥ってしまう可能性があります。

 

 

5. 1日思いっきりリフレッシュする

前まで紹介した対処法を使っても改善できない場合は、やるべきことを忘れて1日思いっきりリフレッシュしてみましょう。

 

ここで大切なのは、「1日」というような期限を設けるということです。

 

期限を設けないと、いつまでもやるべきことに着手しないということになってしまうので、期限を決めてその中で思いっきりリフレッシュしましょう。

 

 

おわりに

今回は何もしたくない時にした方が良い対処法を紹介しました。

 

今回の内容をまとめるとこんな感じです。

 

  • 何もしたくないの原因は、やるべきことが不明確、困難
  • やるべきことを明確化、簡潔化する
  • やるべきことを列記、細分化し、優先順位をつける
  • ご褒美やリフレッシュでモチベーションを上げる

 

余談なのですが、僕はだんだん寒くなる11月ぐらいが一番無気力になりやすいです。

なので、自分のためにもこの記事を書きました。笑

 

これからどんどん寒くなりますが、皆さんも一緒に頑張っていきましょう!

 

今回はこの辺で。ではでは。

 

 

よろしければこちらの記事もどうぞ。

www.omochi-mochio.com

 

www.omochi-mochio.com