おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

普段頑張っている人が使える最強の保険 「謙遜する」

f:id:omochi9426:20181106204509j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんは謙遜ってしますか?

 

日本では「謙遜=奥ゆかしい、大人」的などちらかと言えば良いイメージが持たれていると思うので、謙遜する人が多いと思います。

 

しかし、謙遜にはその人を良く見せる効果の他に、もう一つ効果があると思います。

 

今回は謙遜することの効果、謙遜することの注意点などを僕なりにお話しします。

 

目次

 

謙遜は「保身」にもなる

謙遜をすることは、自分の地位や名誉を守るための「保身」の効果もあると思っています。

 

皆さん、学生時代を思い出してください。

クラスの中の頭がいいやつの中で、こんな人いませんでしたか?

 

「いやー、今回は勉強しなかったからテスト全然できなかったよー。」

 

日頃から頭が良いキャラで通っている人が、「今回のテストも余裕だったんでしょ?」と言われるのに対して、謙遜してよく言うセリフです。

 

こう言いながらテストの点数が良くて、運動もめっちゃできて、彼女もいるカースト最上位のやつたまにいるんですよねー。羨ましー。

 

嫉妬はさておき、確かにこのセリフは好感度高めですよね。

しかし、こうも取れるのではないのでしょうか?

 

いつもだったら自信あるけど、今回のテストは本当に自身がなくて保険をかけるためのセリフ

 

普通にありえることですよね。

 

しかも、大抵この保険はちゃんと効きます。笑

 

想像してみてください。

「いやー、今回は勉強しなかったからテスト全然できなかったよー。」と言われて、その人のテスト結果が本当に悪かったらどう思いますか?

 

「今回は本当に勉強しなかったんだな。珍しい。」

 

これだけ思って後は何も思いませんよね。

 

 

つまり謙遜には、

 

  • 相手にある程度好印象を与えられる
  • 仮に本当に失敗したとしても、本人の傷は少しですむ

 

という2つの効果があるのです。

 

 

謙遜することの注意点

上の2つの効果を見ると、謙遜は人間関係を築く上で有効な手段になりそうですね。

しかし、注意点もあります。

 

普段から頑張っている人しか使えない

謙遜を使えるのは、優秀に見られている人や頑張っている人です。

 

なので、日頃からだらけていたり、客観的に見て努力が足りていない人は、敬われないのでそれに対する謙遜ができません。

 

なので、謙遜を使うには日頃から努力をしましょう。

 

 

失敗しすぎると見られ方が変わる

「いやーそんなことないよー」と言われて、本当に「そんなことない」という状態が続いたら、あなたはどう思いますか。

 

本当にそんなことなかったんだなって思いますよね?

 

つまり、謙遜は保険として使えるのですが使用回数に限りがあるということです。

 

ご利用は計画的に。笑

 

 

人によっては嫌な印象を与える

先ほどのテストの例を取り上げましょう。

 

「いやー、今回は勉強しなかったからテスト全然できなかったよー。」に対して、このように思う人もいると思います。

 

「本当はちゃんと勉強してきて、結局良い点数取るんだろう?いけ好かないなー」

 

ちょっとひねくれた人だとこう思うかもしれませんね。

 

つまり、謙遜をマイナスに捉える人もいるから注意しましょうということです。

 

また、謙遜のし過ぎにも注意しましょう。

「それほどでもー」を何回も言って良いのは、クレヨンしんちゃんのしんちゃんだけです。

 

 

おわりに

今回は謙遜することの効果、謙遜することの注意点を紹介しました。

 

皆さんも謙遜という保険を駆使して、より良い人間関係を築いてみては?

 

今回はこの辺で。ではでは。