おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

【ショートスリーパーになれるの?】人は最短何時間寝れば十分なのか

f:id:omochi9426:20181030221212j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんは「たくさん活動したいから睡眠時間を削りたい!」と思ったことはありませんか?

 

僕は今まさにそう思っております。笑

 

そこで今回は、人は最短何時間寝れば十分なのか調べてみました。

 

なお今回は、日々のパフォーマンスを落とさない範囲でどれぐらい睡眠時間を削れるのかについて考察しています。

 

目次

 

そもそも何時間未満だと短いの?

そもそも、睡眠時間が何時間未満だと睡眠時間が短いとされるのか調べてみました。

 

その結果、日々の睡眠時間が6時間未満だと短いとされ、6時間未満の睡眠を繰り返す人がショートスリーパーと呼ばれるとのことでした。

 

個人的には睡眠時間3時間や4時間以下の人をショートスリーパーと呼ぶのだと思っていました。6時間睡眠でもショートスリーパーになってしまうのは驚きです。

 

以下の記事を参考にしました。

www.excite.co.jp

 

 

健康に害を及ぼす睡眠時間は?

続いて、健康に害を及ぼす睡眠時間の範囲を調べました。

 

2004年に報告された、日本人の睡眠時間と死亡の危険性の関連を調べた調査では、6.5時間~7.5時間で最も危険性が低く、4時間未満または9時間以上の場合、死亡の危険性が高まるということでした。

 

また別の研究では、7~8時間睡眠の人が最も心臓病になりにくいという結果も出ています。

 

これらの意見をまとめると、1日7時間は寝ておきたいということになります。

 

以下の記事を参考にしました。

sleep-col.com

sleepdays.jp

 

 

パフォーマンスに害を及ぼす睡眠時間は?

続いて、パフォーマンスに害を及ぼす睡眠時間を調べました。

 

ペンシルベニア大学ワシントン州立大学で行われた実験によると、睡眠時間8時間の人は認知機能、注意力、運動神経が全く低下しなかったのに対し、睡眠時間6時間の人は日を追うごとに認知機能、注意力、運動神経が低下するということでした。

 

この実験の結果と前章の健康に害を及ぼさない睡眠時間を包括的に見ると、1日7~8時間寝た方が良いということになります。

 

 

昼寝を考慮すると

7時間睡眠、8時間睡眠が良いと言っても、実際に3時間や4時間の睡眠で活動できている人もいるので、このままだと腑に落ちません。笑

 

そこで3時間睡眠で活動している方の1日を拝見すると、どうやら昼寝をうまく活用しているようです。

 

昼寝については以前まとめていました。

www.omochi-mochio.com

 

以前書いた記事の内容を抜粋すると、

 

  • 昼寝には夜の睡眠の3倍の効果がある
  • 昼寝は15~20分が最適で、30分以上は夜の睡眠に影響を与える

 

とのことでした。

 

つまり、昼寝を20分すると、夜に約1時間寝たのと同じ効果を得られるということです。

 

昼寝をうまく使えば睡眠時間を少しでも削れそうです。

 

 

まとめ

今までの話をまとめるとこのようになります。

 

  • 睡眠時間は7~8時間が良い
  • 昼寝を20分すると夜に1時間寝たことになる

 

これらの点から、「夜に6時間寝て昼寝を20分とる」というのがパフォーマンスを落とさない睡眠時間の短さの限界だと思います。

 

睡眠時間にも個人差はあるでしょうから、「睡眠時間3時間でもパフォーマンスが落ちない」人みたいな人はもともとあまり寝なくても良い体質なのでしょう。

 

一般的な人は、夜に6時間は寝た方が良いと思います。

僕も6時間は寝るように気を付けます。笑

 

今回はこの辺で。ではでは。