おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

【考察】物事の向き不向きを判断する3つの基準

f:id:omochi9426:20181020224724j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんは今取り組んでいることに対して「これって自分に向いてるのかな?」と思うことはありませんか?

 

僕はブログを始めてから1か月と少し経つのですが、ブログが自分に向いているのかどうか未だに判断できていません。

 

そこて今回は物事の向き不向きを判断する基準を考えてみました。

 

目次

 

取り組んでいてつらすぎないかどうか

皆さんが今取り組んでることはとてもつらいですか?それとも少しつらいですか?

 

僕はどんな物事でも取り組んでいくうちに壁にぶつかって、少なからずつらい思いをするものです。そのため、「取り組んでいてつらいからこれは自分には不向きだ」というのは間違っていると思います。

 

重要なのはどの程度のつらさかということです。

 

あなたがもしその物事に対して精神を病むほどつらいなら、それは向いていないのだと思います。

対して、その物事に対して少しつらいけど乗り越えたいと思えるなら、それは向いていると言えるでしょう。

 

例えば、

「この仕事ちょっとつらいんだけど、ここ乗り切ればステップアップできると思うし頑張りたいんだよね。」

 

この場合はおそらく向いていると思います。

 

向いている物事に取り組む場合、つらさの中に物事に対する楽しさ情熱が含まれいるのだと思います。

 

 

頑張り以上に結果が出ているかどうか

皆さんは取り組んでいることに対して、頑張り以上に結果が出ていると思いますか?結果が出ていないと思いますか?

 

取り組んでいることに対して頑張り以上に結果が出ていると思うなら、それは向いているのでしょう。

逆に、取り組んでいることに対して頑張りに応じた結果が出ていないと思うなら、それは向いていないのでしょう。

 

ここで注意してほしいのは、「結果が出ていないのは頑張りが足りないから」という自己評価から向き不向きは判断できないということです。

 

例えば、

「週に1回1時間英語勉強してるのに全然できるようにならないや。向いてないのかな。」

 

極端な例ですが、この場合は向いているかどうかではなく、単純に勉強量が足りないと言えます。

 

頑張りを向き不向きの判断基準にするには、自分がどの程度頑張っているかを正確に見極める必要があります。

自分の頑張り具合とそれに対する結果を慎重に比較してみてください。

 

 

もっと極めたいと思えるかどうか

皆さんは取り組んでいることをもっと極めたいですか?ほどほどにできれば良いですか?

 

取り組んでいることに興味を持つことができ、もっと極めたいと思えるのなら、それは向いているのでしょう。

対して、そこそこできれば良いやと思っているのなら、それは向いていないなのでしょう。

 

この判断基準は、その物事がある程度できる場合に役に立つと思います。

 

例えば、

「絵を描くのうまいって言われるけど、すごくうまくなりたいわけではないんだよね。でも、もしかしたら絵を描くこと仕事とか自分に向いてるのかな?」

 

この場合はおそらく向いていないと思います。

 

物事の向き不向きの判断基準はうまさだけでなく、その物事にどれだけ熱中できるかも大事なのでしょう。

 

 

おわりに

今回は物事の向き不向きを判断する基準を考えてみました。

 

最後に基準点をまとめると、

  • その物事が楽しいと思えるかどうか
  • その物事がうまいかどうか
  • その物事に熱中できるかどうか

という感じです。

 

このように考えると、僕にはブログが向いていそうです。(知ったこっちゃない)

 

今回はこの辺で。ではでは。