おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

やっぱりガッキー可愛いんだよな【獣になれない私たち 第2話】

どうもどうも。mochiです。

 

今回は日テレ系水曜ドラマ「獣になれない私たち」第2話の感想をお話しします!

 

第1話の感想も書いてますので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。

www.omochi-mochio.com

 

※ネタバレを含みますのでご注意ください

 

 

強がりきれないガッキーが可愛い

第1話の最後でも描かれていたように、第2話の冒頭はガッキー演じる深海 晶が会社の社長の九十九(つくも)に業務改善要求を突き付けるシーンから始まります。

 

派手な格好をして社長に強く当たるも、やっぱり気を優しいところというか押しに弱いところが出てしまい、押し切れない感じが可愛かったですね。さすがガッキーです。(そういうことじゃない)

 

最終的には業務改善要求を突きつけることに成功したのですが、社内で「深海さんがグレた」といううわさが流れるのも何とも言えないですね。笑

 

 

気を遣うのはやっぱり性格なのね

深海さんは気を遣いすぎてすり減ってる感じももちろんありますが、元々気を遣いすぎる性格なのかなと思いました。

 

休暇中に後輩の無断欠勤問題について「なんとしかしてくれ」と深海さんのもとに電話がかかってくるのですが、「出られませんでしたー」とか言って出なきゃいいのにとか思ったり。やっぱりダメなんですかね?

  

また、深海さんが前の職場のバーベキューに参加するシーンがあるのですが、その時にも率先して深海さんは肉を焼いていました。

 

深海さんにとって気を遣うことはもちろん疲れることかもしれないですが、それが深海さんのアイデンティティーだったりしそうです。

 

 

今回の山場は何といっても…

深海さんと田中圭さん演じる花井 京谷との付き合うまでの回想シーンでしょう!

  

会社の飲み会で出会い、

同じ部署になり、

一緒に残業し、

グチを言いながら一緒にお酒を飲み、

そして深海さんの送別会の後には…

 

キュンキュンしちゃいました。(24歳男性)

 

キスシーンももちろんよかったんですけど、個人的にはキスシーン手前の2人でカフェに行って談笑しているシーンの演出がすごい好きでした。

おしゃれな映像に仕上げながらも、「時が経つのは早い」ということをうまーく表現していたと思います。

 

 

もう一人の主人公 根本 恒星はまだ謎が多い

この記事を読んでいる方はご存知でしょうが、「獣になれない私たち」には松田 龍平さん演じる根本 恒星という、もう一人の主人公がいます。

  

個人事務所で会計士・税理士をしていますが、なんかまだ裏がありそうなんですよね。

いずれにしてもまだまだ謎の多い人物です。

  

第1話、第2話とも深海さんにスポットが良く当たっていた印象があるので、これからいろいろと明らかになると思います!

  

第1話の伏線もありますし、第2話の終わりも怪しい感じで終わりましたしね。

 

 

おわりに

今回は「獣になれない私たち」第2話の感想をお話しました。

 

深海さんと根本さんって本当にくっつくんですかね?今のところそんな兆しは見えないです。笑

  

第2話の終わりも「これからも波乱が続きそうだなー」って感じの終わり方でした。

来週以降もますます楽しみです!

 

ちなみに超個人的なことを話すと、僕の好きな登場人物はちょいちょい出てくる性欲の塊みたいな匂いフェチ男、岡持 三郎です。

この人にも今後進展はあるのでしょうか?(たぶんない)

  

第1話から見てない方はhuluから見れますよ!

 

 

今回はこの辺で。ではでは。