おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

大学院生って大学の文化祭の期間なにしてんの?

どうもどうも。mochiです。

 

10月も半ばに入りましたね。

多くの大学生にとっては文化祭の季節です。

 

僕が通っている大学ももうすぐ文化祭です。

僕は今大学院2年生、なんと大学の文化祭6回目です。

 

学部生の頃は文化祭実行委員の一員として、文化祭のたびにやりがいを感じながらも大変な思いをしてました。(懐かしいなー)

 

大学に通われていた方なら、大学の文化祭の雰囲気は大体わかるかとおもいます。

しかし、大学院生が文化祭で何をしているのか知らない人も多いのでは?

 

今回は大学院生が文化祭の期間何をしているのか紹介します!

 

目次

 

パターン1:サークルの一員として文化祭に参加

学部生の頃から所属しているサークルで文化祭に参加するパターンです。

 

僕の印象ですが、このパターンはあまり多くないと思います。

 

大学院生は割と忙しいんですよ。なので普段サークルに顔を出すことはなかなか難しいんです。しかもサークルの中だと年長者になります。

 

顔をあまり出さない + 年長者 = 後輩に必要以上に気を使われる

 

この現象が起こるので、大学院生はサークルに顔出しづらいです。

そして、サークルの一員として文化祭に出るのもなかなか勇気がいります。

 

ちなみに僕は顔もあまりわからない後輩達に、「文化祭頑張れよ」と差し入れをそっと渡してきました。笑

 

 

パターン2:いつもと変わらずに研究

平日と変わらずに研究活動に取り組んでるパターンです。

 

僕も文化祭期間の半分はこのパターンです。

 

いつもと変わるのはお昼ご飯をサークルの模擬店で買うぐらいですかね。

その時だけお祭り気分を味わいながら、「青春っていいなー」なんておっさん臭いことを感じます。(学部1年生と5歳も歳離れてるからね)

 

 

パターン3:研究室活動の一環として文化祭に参加

研究室活動の一環として、文化祭に学術的な内容で参加するパターンです。

 

僕の文化祭期間のもう半分はこのパターンです。

 

僕の所属する研究室の場合だと、ロボット作り体験ブースを文化祭に来場した子供たちに向けて開いています。

 

ちなみに普段の研究活動と並行してこの準備をしなければならないので、この時期はめっちゃ忙しいです。

そんな中僕はブログを書いてます。笑(息抜きも大事!)

 

 

パターン4:文化祭に出ない

文化祭期間は学校に行かず、小旅行に行ったり家でダラダラしているパターンです。

 

特に大学院生になると大学内の知り合いが極端に減るので、このパターンになる人も多いかもしれません。

 

僕も何もすることがなかったらこのパターンになっていたことでしょう。

 

終わりに

今回は大学院生の文化祭期間の過ごし方について紹介しました。

 

学部生の皆さんは文化祭ぜひ楽しんでください!

僕は運営する側で大変な思いをすることが多かったですが、それはそれで今となっては良い思い出です。(今も体験ブース運営する側でした。笑)

 

今回はこの辺で。ではでは。