おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

無駄な時間に「しない」方法を5つ考えてみた ~悩んでる大学生にぜひ読んでほしい~

f:id:omochi9426:20180929105048j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

どんな人でも「時間を無駄にしてしまった」と思う場面があると思います。

 

でもそれが後になって役に立ったことはありませんか?

 

例えばいつまでもダラダラとYouTubeを見ていて、「やりたいことができなかった…」と思ったとします。でもその動画で見た内容を気になっている人チラッと話したら、意気投合してその人との距離が短くなるかもしれませんよね?

 

今回はその時は「無駄な時間」だとしても、将来の自分にとって「有益な時間」にするためにはどうすれば良いか考えてみました。

 

ちなみに僕がこの記事を書いた理由の一つは、Twitter上で「大学に行くべきでない」、「大学は無駄だ」というツイートを見たからです。

 

当初僕はそれにとても腹が立ち、「本気で言っているのかこいつら」と思っていました。でもそれじゃあ埒が明かないと思い、「じゃあ無駄にしないためにはどうすればよいだろう」と以下のことを考えました。なので、大学ついて悩んでる方にぜひ読んでほしいです。

 

前置きは長くなってしまいましたが、話したいと思います。

 

 

まめに記録を取る

f:id:omochi9426:20180929103158j:plain

「無駄な時間」を無駄にしないためには、その無駄な時間をしっかりと記憶しておく必要があります。その時に無駄だと感じていて、時間が経って忘れてしまうと、それこそ無駄な空白の時間が生まれてしまうと思うからです。

 

そこでちょっとでも気になったことは、メモなどをしてまめに記録することが良いでしょう。

 

スマホを使えば手書きよりも早くメモをできますし、Evernoteというアプリを使えばスマホのメモとパソコンのメモを共有できたり、Webページを丸ごと保存できるのでおすすめです。

evernote.com

 

 

人に話してみる

f:id:omochi9426:20180929103224j:plain

ちょっとした休憩時間に仕事の同僚や友達にあったことを話してみることも良いと思います。

 

ちょっとした時間に人に話してみるという行為は、たくさんのメリットがあると思っています。僕が思うメリットをまとめてみました。

 

  • 端的に情報を伝える力を鍛えられる
  • 面白く話すための話術を鍛えられる
  • 自分の考えを話しながら再確認できる
  • 人との距離を縮めることができる
  • 単純に気分転換になる

 

などなど。とりあえず思いついたメリットを挙げてみました。他にもあると思います。

 

 

「無駄な時間」の改善を試みる

f:id:omochi9426:20180929103400j:plain

僕は決して「無駄な時間」を肯定しているわけではありません。

全く何もせずにぼーっとしているような無駄な時間は、できるだけ減らしたいものです。

 

このような「無駄な時間」を過ごしてしまった場合は、どうすれば改善できるかを考えてみましょう。

 

ここで大事なのは改善策を自分で考えることです。ネットなどの情報を鵜呑みにしないで参考程度にしましょう。もちろんこの記事の情報もです。

 

そうすればより効率的に活動できるようになると思います。

 

 

あの時の自分には必要だったと思い、切り替える

f:id:omochi9426:20180929103433j:plain

先ほどは無駄な時間を肯定しないと書きましたが、否定するとそのことをずっと引きずってしまう人もいると思います。

 

そんな人は割り切って、「あの無駄な時間は自分には必要な時間だったんだ」と無駄な時間を肯定して、気持ちを切り替えるということが大事だと思います。

 

ちなみに気持ちの切り替え方についてまとめた記事もあるので、読んでみてください。↓

omochi-mochio.hatenablog.com

 

いつまでもくよくよ考えている時間こそ「無駄な時間」です。

気持ちを切り替えて活動的になりましょう!

 

 

無駄なことを他のことに結びつけてみる

f:id:omochi9426:20180929103500j:plain

最近はブログやSNSなどで一般人でもたくさんの情報や意見を発信できるようになりました。そのため、ある程度ありきたりな情報や意見はネット上に数多く転がっています。

 

そんなネット上で個性を生み出す方法の一つとして、あるものとあるものを組み合わせるという方法があると思います。

 

例えば、「コーヒー」と「財布」を組み合わせて何か連想できますか?

この2つはどちらも僕の目の届くところにあったものなのですが、僕には結びつけて何かを連想することはできませんでした。

でもこれらから何かを連想できれば、それだけで個性的で新しいものを生み出せたということになると思います。

 

これと同じように、無駄な時間で何かしら見たり感じたものを他の事柄に結びつけて新しいものを生むことも、無駄な時間に「しない」方法の一つでしょう。

 

おわりに

今回は無駄な時間に「しない」方法を考えてみました。

 

この記事に賛同するのではなくて、この記事を通して何かを考えてくれると嬉しいです。

 

今回はこの辺で。ではでは。