おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

【内容が気になっちゃう!】タイトルのつけ方が秀逸だと思う小説5選!

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんは小説を選ぶときどのように選びますか?

僕は表紙とタイトルを見てから、文庫本であれば裏表紙のあらすじを読んで、最初の1ページくらいまで流し見します。

 

そんな僕が「このタイトルは面白そう!」とか「このタイトルの意味はそういうことだったのか…」と感じた、タイトルが秀逸な(もちろん内容も面白い)小説を5冊紹介します!

 

ちなみにビジネス書、自己啓発書の選び方も紹介しているので時間がある方はぜひ読んでみてください。↓

omochi-mochio.hatenablog.com

 

今回はタイトルに惹かれて興味を持ってほしい(自分勝手)ので、

 

内容はほとんど紹介しません。笑

 

代わりに僕が読んだ感想をかるーくお話します。それではいきましょう。

 

 

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

まずは桜庭一樹さん砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないです。

 

 

この小説は過去に紹介しているので、ぜひご覧ください。こちらでも大きなネタバレはしていません。↓

omochi-mochio.hatenablog.com

 

このタイトル見たときに撃ち抜かれましたよね。

しかも薄いからすぐ読める!なんかも思いました。

 

読んだ感想は紹介した記事にも乗せたのですが、大人の方にぜひ読んでほしい小説です。特にお子さんをお持ちの方にです。

 

子供たちは力もお金も大人に勝てないからこそ、大人は子供を守らなければならないと思わせてくれる小説です。

 

 

アヒルと鴨のコインロッカー

次に伊坂幸太郎さんアヒルと鴨のコインロッカーです。

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 

伊坂幸太郎さんは皆さんもご存知だと思います。

僕は伊坂幸太郎さん小説のタイトルがドストライクなんです。

 

その中でもこの小説のタイトルが特に秀逸だと思います。

 

内容はミステリーなのですが、きれーに引っかかっちゃいますよ。

 

 

容疑者xの献身

 次に東野圭吾さん容疑者xの献身です。

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

 

こちらも有名な作品で、内容もご存知の方も多いと思います。

しかし、僕がこのタイトルに痺れたのは読む前ではなく、読んだ後です。

 

小説を読み終わって「すごい結末だった!」と思って本を閉じ、表紙のタイトルを見たときに寒気がしました。それぐらい僕には衝撃的でした。

 

ちなみに僕は東野圭吾さんの小説の中で1番好きです。

 

 

パラレルワールド・ラブストーリー

続いても東野圭吾さんパラレルワールド・ラブストーリーです。

 

 

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

 

 

東野圭吾さんの小説を読む方でも、この小説を読んだ事ある方はもしかしたら少ないかもしれません。東野圭吾さんの小説多すぎですからね。

 

こちらはタイトルと内容がほとんどリンクしたような作品です。

ミステリー×SF×ラブストーリーって感じでとても読み応えのある一冊です。

 

ちなみにこの映画の製作も決まっているみたいです。

 

parallelworld-lovestory.jp

 

 

冷たい校舎の時は止まる

最後は辻村深月さん冷たい校舎の時は止まるです。

 

 

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

 
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

 

 

過去に辻村美月さんの小説も紹介しているのぜひ見てみてください。こちらも大きなネタバレなしです。↓

omochi-mochio.hatenablog.com

 

この小説は本屋大賞を受賞し、今や名作家の辻村深月さんのデビュー作です。

学生×ミステリーという辻村深月さんの強みがこの頃からひしひしと感じられます。

 

また紹介した記事にも書いているのですが、辻村美月さんは普通の人にはなかなか言語化できないモヤモヤした感情を、読者に伝えるのがとてもうまい作家さんです。

 

頭の良い人が読むと「ちょっとこの気持ちわかりたくないけどわかるかも」と共感したくなくてもしちゃうような作品です。

 

 

おわりに

今回はタイトルが秀逸な小説を5冊紹介しました。

 

僕と同じように気になってしまったからはぜひ手に取って読んでみて下さい。

 

今回はこの辺で。ではでは。