おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

【簡単!節約!】自炊したい男は読まなきゃ損! 貧乏理系大学院生の自炊の心得

f:id:omochi9426:20180924205701j:plain

どうもどうも。mochiです。

 

皆さんはどのぐらいの頻度で自炊しますか?

僕はタイトル通り、貧乏理系大学生なので自炊が必須です。

割合的には半分自炊で半分外食で、月の食費は大体25000円です。

 

今回はそんな僕が普段から行っている自炊テクニックを紹介します。

紹介している自炊術や食材は簡単なものや安いものをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください!

 

 

電子レンジをフル活用

電子レンジ調理機を使う

まず電子レンジ系のテクニックです。

最近は電子レンジでパスタを茹でれる道具や、焼き魚ができる道具など、電子レンジで簡単に調理できる方法があります。

言うなれば、電子レンジ=コンロの代わりとすることが可能です。

 

電子レンジ調理機を利用するメリットは簡単にできるだけでなく、調理中に他のことができるということも挙げられます。

 

「自炊しなきゃなんだけど、やる気が沸かない」という人は、まず電子レンジを活用する自炊から始めてみましょう。

 

 


 

モヤシは電子レンジだけでおいしく調理できる

また、電子レンジ調理機を使わなくても耐熱容器だけで調理できることもあります。

 

僕がよく作るのは「電子レンジで作るモヤシのなんちゃってナムル」です。

 

作り方

・モヤシとお好みの野菜を1~2種類用意する(モヤシだけでも良い)

・モヤシを含めて野菜をすべて耐熱容器に入れてラップをしてレンジでチン(時間は入れる野菜によりますが、僕はモヤシ約200gと人参7約0gを500Wのレンジで5分温めます。)

・温まったら、そこにごま油と塩コショウかけて混ぜたら完成!

 

はい。これだけである程度うまいものができます。お好み合わせてかける調味料を変えても良いです。

このなんちゃってナムルは副菜や付け合わせに便利です。

 


 

汎用性の高い野菜を活かす

長ねぎのみじん切りは超便利

次に汎用性の高い野菜をうまく生かす方法です。

 

実は長ねぎって節約食材との相性が抜群なんですよ。

納豆に入れても、卵焼きに入れても、豆腐にのっけても、カップラーメンに入れても合いますよね?

 

なので僕は長ねぎのみじん切りを常に冷蔵庫に保存しています。

料理で包丁を使うついでに処理しておけば手間にもならないのでおすすめです。

 

また、切り方を変えて保存しておけば、みそ汁や炒め物にも使えるので、そちらもためしてみてください。

 


 

困ったら玉ねぎを入れておこう

あと男の自炊の強い味方に、「具材を切って炒めてあえるだけの素」がありますよね。

 

これって合わせる特定の食材が大体あるんですけど、「毎回これだとあきるなー」とか「丁度良くこの食材がないよー」ってことが割とあるんですよ。

 

そんな時には代わりに玉ねぎを入れることおすすめします。

 

なぜかというと

 

・玉ねぎを入れるような素が実はあまりない

・でも大体どんな素にも合う

 

からです。

 

また僕は玉ねぎを選びましたが、○○の素に合う自分だけの野菜を探してみるのも楽しいと思います。

 

麺つゆは便利屋さん

調味料系では麺つゆがとても便利です。

特に2倍濃縮や3倍濃縮など濃縮タイプのものをお勧めします。

なぜなら、薄さを調節してさまざまな料理に活用できるからです。

 

どのような料理に活用できるかは麺つゆを販売している企業のHPを見ると様々なものが載っていますが、僕は味付玉子を作るのによく活用しています。

 

作り方は書くまでもありません。ゆでたまごを作って殻をむいて麺つゆに半日ぐらい漬けるだけです。

 

これを作っておくと、「あともう一品欲しいな」という時に役立ちます。

 


 

おわりに

今回は僕が実践している自炊術を紹介しました。

特に「もやしのなんちゃってナムル」は材料費も安いですし、調理工程も簡単なので、特におすすめします。

 

今回はこの辺で。ではでは。