おもちがグダグダ喋ってますが

エンタメ情報からお役経ち情報まで。なんでも発信する「超」雑記ブログです!!

僕が実践している気持ちを切り替える5つの方法

どうもどうも。mochiです。

 

突然なんですが、僕とても気持ちが落ち込みやすいんですよね。

そんな僕が気持ちを切り替えたい時に実践している方法を5つ紹介します。

 

この記事が、気持ちが落ち込んでたり、辛くなっている人の手助けになればうれしいです。

 

 

はじめに

気持ちの切り替えは大事だけど、自分の非はちゃんと認める

まず前提として、気持ちの切り替えは大事だけど、開き直るのはダメということを頭に入れておきましょう。

 

開き直ってしまうと、また同じようなことを繰り返し、さらに深く落ち込んでしまうので、気持ちを切り替えるのと同時に、改善しようという気持ちを持つことが大事です。

 


 

自己暗示系

1. 「自分よりも辛い人はたくさんいる」と思う

これは悪い言い方をすると、「下には下がいる」と思うことです。

 

ただし、「下には下がいるから、自分はこのままでいい」という風に考えるのではなく、「こんなに苦労している人もいるんだから、自分の悩みなんて些細なものだ」という風に考えてください。

 

そうすることで自分の悩みがちっぽけに見えて、ポジティブになれます。

 


 

2. 「自分より頑張っている人もたくさんいる」と思う

これは1つ目の方法とは逆で、「上には上がいる」と思うことです。

 

ただし、「上には上がいるから自分なんてダメだ」と考えるのではなく、「上にはこんなに努力してしている人がいるんだから、自分ももっと頑張ろう」という風に考えましょう。

 

ここで大事なのは、上には上がいると思うだけで、具体的にどのぐらいすごい人がいるかは調べないことです。

なぜなら、それを見てしまうと逆に心が押しつぶされかねないからです。笑

 


 

3. 「落ち込んでいる時間がもったいない」と思う

 上の二つがだめなら違う視点で考えてみましょう。

「落ち込んでる時間があったら、いろんなことができるぞ!」と思うのです。

 

これは実際にそうだと思いますし、「落ち込んでる暇があったら、めっちゃ遊べるじゃん!」と思えたら最強です。

 


 

行動系

4. 大声を出す

続いて気持ちを切り替えるために行う、実際の行動についてです。

まずは大声を出すことです。

 

気持ちが落ち込んでる時は、僕の経験上、頭の中で何かがモヤモヤしていて、考えがいったり来たりしていて、とてももどかしい状態だと思います。

 

そんな時は、叫んだり、大声で歌ったりするとすかっとします。

僕自身もよくヒトカラに行ったり、ヒトカラに行けないけどどうしようもない時は、まくらに顔をうずめて叫んだりしています。

 


 

5. 顔の知らない人に相談する

最後は顔の知らない人に相談する事です。

なんで顔の知らない人かというと、逆に気兼ねなく相談できるからです。 

 

気分が落ち込みやすい多くの人はやさしい人で、友達に相談しようと思っても、その場の空気を気にして、うまく悩みを相談できないことが多いと思います。

 

そういう場合には、顔の知らない人に相談した方が、「お互いに顔が知れてないからちょっとぶっちゃけても大丈夫か」と思えるのでおすすめです。

 

ただし、顔がわからない分、相手も何をするかはわからないので、相談相手は慎重に選びましょう。

 


 

番外

僕は親には相談しない

記事内容とは直接的に関連しませんが、親に相談することについてちょっと語ります。

この意見には賛否両論あると思いますが、僕は親に気分が落ち込んだことについての相談しません。

 

なぜかというと、僕の親の場合ですが、大体自分の味方をしてしまうからです。

なので親の意見には、自分が有利になるような偏りが混ざりやすいと考えていて、本当に自分がだめな所が見えなくなてしまう危険性があると思うので、親に落ち込んでいることは相談しません。

 

他のことはちょいちょい相談しますよ。笑

 


 

おわりに

今回は僕が実践している5つの気持ちの切り替え方についてお話しました。

 

最後に一つ言いたいのは、自分の非は認めても、自分を責めることはしないでほしいということです。

自分を責める力を、自分をよりよいものに変えていく力に変えていきましょう。

 

今回はこの辺で。ではでは。